稼ぎ方が難しい。

お金は、日本で生活していくためには必要不可欠なものです。
物を食べる、寝る、大人になれば食べなくても寝なくても納税の義務があり「息をするだけでお金が必要」になってきます。

となれば、肝心なのは「どうやってお金を手に入れるか」
これに関しては、仕事をしてお金をもらう等価交換や、くじや懸賞などで入手していく一発逆転型などが挙げられます。
後者に関しては、賭けに近い為これだけで生活を成り立たせることは困難を極めるのは、ご存じの通り。
つまり、やはり自分が何か動き、誰かに評価してもらう事によってお金を手に入れるという一番一般的な手段が一番有効である事が分かります。

それでは「どう動いて」「誰に評価してもらって、どれぐらいお金をもらうか」を選択していくことが職業選択になっていきます。

「どう動いて」の内容には、言うまでもなく職種も含まれていますが
正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど雇用形態も含まれてきます。

「誰に評価してもらって」は、「自分がこれだけ頑張った」という主観では成り立たず
「どれだけ相手の役に立ったか」という相手目線での評価です。

誰もが欲しがる、必要な「お金」だからこそ、簡単に人にあげられるものではありません。
「お金」を対価にすれば「人を動かす」事が出来るし、人は「お金」欲しさで「自主的に動き」ます。

必要なお金をどうやって入手するのか。
親の保護の元を出れば、人間死ぬまで付き合っていくテーマになりそうです。

生活の糧である

「金は天下のまわり物」こんな言葉がありますね。今はそう豊かでなくても、そのうちにゆとりが出来、自分のところにも「運」が向いて来るかも知れない。
おおらかに、お金よりももっと大切なことがあるじゃないかと考えられる人はそんなふうに構えられるでしょう。

生活する為には必須で、糧になるものだけれど、私もそう欲張らずにある程度でいいと考えています。
あり余る程の財産、お金は「人を変えてしまう」と。そう言われたりするから人間関係や人としてのバランス保つ為には程々が望ましいと感じます。

誰でも金銭欲はあって、一攫千金「ドリームジャンボ」一等賞なんて夢見ない訳ではないけれど。
日本人の生真面目な性格からして、周囲から認められるのはこつこつと働き、家などの財産を築いてこそのプロセスであると思いますし。
楽をしてお金を得るということが何か後ろめたいと感じるような国民性でしょうか。

日々、頑張って働き稼いだお金だからこそ大切に使い、節約もし、貯蓄に励むのではないか。
労働の対価として得るお給料は精神的にも充実感、達成感感じさせてくれるし、自分自身の価値そのもと感じとる人もいるかと思う。
個人の生活、国家が成り立って行く為の物ではあるけれど、有効に上手に活かしていきたい物である。